立体的に混み合った2級芳香族アミンの合成


先週の Science に創薬化学に使えそうな反応が Baran 研から報告されていました [論文]。上図のように、ニトロアレンとオレフィンから立体的に混み合った2級芳香族アミンが生成する反応です。

窒素原子の隣の炭素原子に炭素置換基が3つ結合した構造 (N-CR1R2R3) は、医薬品や医薬中間体に含まれることがありますが、構造によっては合成が難しかったり大変だったりするかと思います。この反応をうまく使えばサックリ作れるかもしれません。

論文は Bristol-Myers Squibb の研究者も共著で、実際に医薬中間体を短工程で合成したり、drug-like な building block も合成しています。収率は 40-60 %程度が多いですが、官能基許容性は高いようです。論文には 100 以上の反応例とともに上手く行かない基質に関する記載もあり親切です。Baran 研のブログ [関連1] にも、上手く行かない基質や開発秘話が載っています。

[論文] "Practical olefin hydroamination with nitroarenes" Science 2015, 348, 886–891. (DOI: 10.1126/science.aab0245)
[関連1] Formal Olefin Hydroamination With Nitroarenes (Open Flask)
[関連2] 官能基化オレフィンのクロスカップリング (化学者のつぶやき)

気ままに創薬化学 2015年05月31日 | Comment(0) | 合成化学

2015年2月の創薬関連書籍

創薬が危ない (ブルーバックス) 先端医療の挑戦  再生医療、感染症、がん、創薬研究 (別冊日経サイエンス) Progress in Medicinal Chemistry, Volume 54 Venoms to Drugs: Venom As a Source for the Development of Human Therapeutics (Rsc Drug Discovery)

和書
創薬が危ない
先端医療の挑戦 再生医療、感染症、がん、創薬研究
iPS細胞を用いた難病研究-臨床病態解明と創薬に向けた研究の最新知見
インド特許法改正と医薬品産業の展望

洋書
Progress in Medicinal Chemistry, Volume 54
Organofluorine Compounds in Biology and Medicine
Quantitative Structure-activity Relationships in Drug Design, Predictive Toxicology, and Risk Assessment
Venoms to Drugs: Venom As a Source for the Development of Human Therapeutics
Layer-by-Layer Films for Biomedical Applications
Blood-Brain Barrier in Drug Discovery: Optimizing Brain Exposure of CNS Drugs and Minimizing Brain Side Effects for Peripheral Drugs
Clinical Trial Design Challenges in Mood Disorders
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume I (Today and Tomorrow)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume II (Tools, Methods, Biomarkers and Drug Discovery)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume III (Cancer Treatment and Anti-Infectives)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume IV (Novel Technologies and Drug Development)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume V (Research in Pharmacognosy)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume VI (Essential Topics in Drug Discovery)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume VII (Advanced Research in Drug Discovery)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume VIII (Traditional and Innovative Solutions in Natural Drug Discovery)

気ままに創薬化学 2015年03月22日 | Comment(0) | 月別創薬関連書籍