2015年2月の創薬関連書籍

創薬が危ない (ブルーバックス) 先端医療の挑戦  再生医療、感染症、がん、創薬研究 (別冊日経サイエンス) Progress in Medicinal Chemistry, Volume 54 Venoms to Drugs: Venom As a Source for the Development of Human Therapeutics (Rsc Drug Discovery)

和書
創薬が危ない
先端医療の挑戦 再生医療、感染症、がん、創薬研究
iPS細胞を用いた難病研究-臨床病態解明と創薬に向けた研究の最新知見
インド特許法改正と医薬品産業の展望

洋書
Progress in Medicinal Chemistry, Volume 54
Organofluorine Compounds in Biology and Medicine
Quantitative Structure-activity Relationships in Drug Design, Predictive Toxicology, and Risk Assessment
Venoms to Drugs: Venom As a Source for the Development of Human Therapeutics
Layer-by-Layer Films for Biomedical Applications
Blood-Brain Barrier in Drug Discovery: Optimizing Brain Exposure of CNS Drugs and Minimizing Brain Side Effects for Peripheral Drugs
Clinical Trial Design Challenges in Mood Disorders
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume I (Today and Tomorrow)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume II (Tools, Methods, Biomarkers and Drug Discovery)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume III (Cancer Treatment and Anti-Infectives)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume IV (Novel Technologies and Drug Development)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume V (Research in Pharmacognosy)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume VI (Essential Topics in Drug Discovery)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume VII (Advanced Research in Drug Discovery)
Encyclopedia of Drug Discovery and Development: Volume VIII (Traditional and Innovative Solutions in Natural Drug Discovery)

気ままに創薬化学 2015年03月22日 | Comment(0) | 月別創薬関連書籍

「地獄からきた分子」は誤訳だと思う

twitter で久々に「地獄からきた分子」を見かけました。反応性・毒性の官能基を、これでもかというくらい載せた仮想分子です。考えられただけで、実際に存在するわけではありません (地獄に行けばあるのかもしれませんが)。


上の画像は 創薬科学・医薬化学 の写真だと思いますが、私がこの表現を初めて見たのは 最新 創薬化学 上巻下巻 だったと思います。そんな表現をするのかなぁ?と思って、英語版の The Practice of Medicinal Chemistry を確認したところ、"the molecule from hell" と書かれていました。直訳すれば確かに「地獄からきた分子」です。

ところが調べてみると from hell には「最悪の、最低の」という意味があります。例えば、I fired a babysitter from hell yesterday. (私は、昨日最悪のベビーシッターをクビにした。) のように "○○ from hell" で「最悪の ○○」のように使うそうです。なので "the molecule from hell" は「最悪の分子」「サイテーな分子」「イケてない分子」「チョベリバ分子 (死語)」などと訳すのがいいのではないかと私は思ってます (文脈的にも)。

ちなみに文章は『Figure 22.1 shows a chemical structure that we call "the molecule from hell"』なので、『図 22.1 は俺らが「マジサイテーな分子」って呼んでる構造』という感じかと。

[追記] 創薬科学・医薬化学 には、『地獄からきた分子を投与するとどこにでも共有結合し、必ず発がんすると思われる。そこで地獄へ導く分子という意味で、このように名づけた。』との記述がありますが、本当でしょうか?発がんしたとしても地獄へ導く?地獄へ導くのに地獄からの分子?あくまで個人的見解ですが、この記述も誤訳に引っ張られたのではないかと思っています。(ちなみに上述の英語の本にはこのような記述はありません)

*  *  *  *  *

twitter つながりでちょっと宣伝を。気ままに有機化学 でお知らせしましたが、研究者に贈る名言 bot (twitter) を作ってみました。1日2回、モチベーション向上や話のタネ、思考のきっかけ等になるかもしれない「研究者に贈る名言」を自動的につぶやく bot です。創薬研究者の皆さんにも、のぞいてみていただけると嬉しいです。

気ままに創薬化学 2015年01月29日 | Comment(0) | コーヒーブレイク